NBA2K12 マイプレイヤーの裏技

【 好きなチームに移籍する裏技 】
5試合終わった段階でトレード要求すれば、ほぼ間違いなく第一希望のチームに移籍できます。詳細は分かりませんが、能力や試合数が増えるほど、希望チームに移籍しづらくなるようです。

【 トレーニングでスリーポイントを上げる裏技 】
トレーニングのシュートでスリーポイントだけを撃ってゴールドを取ると、高確率で3PTシュートが上がります。難しいですが、3PTシュートが90近くあれば、ノックアウトよりもシュートのトレーニングを選んだ方がいいです。

【 トレーニングでスピードを上げる裏技 】
ドリブルコースのトレーニングでスピードを上げる裏技があります。方法はまだ不明確ですが、私は6回のシュートを全てリバースダンク(右スティックをゴールと逆方向に倒す)にすることで、高確率でスピードが上がっています。ダンクにも色々あり、またリバースダンクにも色々ありますが、どうも豪快なダンクであるほど、スピードが上がる確率が高いように思います。スピードが上がらなかった場合でも、豪快なダンクが多いほど、敏捷性などのスキルポイントが多めの能力が上がることが多いです。

【 スキルポイントを効率的に得る手段 】
試合中に得点やリバウンドなどを残すと、そのプレーの1つ1つにスキルポイントがつきます。試合後のパフォーマンスがその総合計です。では、どのプレーがスキルポイントの観点から見てお得かというと、それはスリーポイントです。スリーを1本決めるだけで、ポジションによっては45ポイント以上も得られます。3PTシュートの能力を90以上に上げて、以下に紹介する技を利用すれば、成功率50%以上も可能ですので、シュート失敗時の減点を加味しても、非常に魅力的です。

【 簡単にシュートを決める技 】
ミドルレンジシュートを上げれば、簡単に得点が決められます。特に簡単で成功率が高いのが、ポストアップしている味方を利用してオープンになる方法です。ショルダーからベースラインに向かってドリブルして、ポストアップしている味方にマークマンをひっかけて、コーナー方向に2歩くらい進めば、簡単にワイドオープンになります。スクリーンを使うよりも効果的です。

【 チームメイトの評価を意識したシュート 】
NBA2K12ではジャンプシュートが非常に有効ですが、チームメイトの評価は思ったほど上がりません。ポストアップからのシュートの方が良く上がります。そこで、一旦ポストアップ(△ボタン)してからフェイスアップ(△ボタン)して、すぐにジャンプシュートを撃てば、同じジャンプシュートでもポストプレイと同じだけ評価が上がります。

【 ペイントエリアでのシュート 】
NBA2K12では、ペイントエリアでのシュートは非常にブロックされやすいです。しかし、ポンプフェイクを1度か2度入れるだけで、ブロックされる確率はぐんと下がります。シュートレンジが狭くて身長も低い選手でも、ペイントエリアでボールをもらって、フェイクを入れてからシュートすれば、着実に得点を重ねることができます。

【 スリーポイントを決める技 】
高確率でスリーを決めるなら、チームメイトのキックアウトやオフェンスリバウンドを待つといいのですが、1試合で20本以上のスリーを決めたい場合は、もっと能動的にチャンスを作れる方法が必要です。
おすすめなのが、スリーポイントラインの少し内側までドリブルし、真後ろに1歩下がってスリーを撃つ方法です。ある程度のスペースが出来ているので確率も高めですし、ターンオーバーの危険性も低いです。
次が、ウィングからウィングのようにある程度の距離をドリブルして、オープンになるのを待つ方法です。スクリーンをかけなくても、マークマンが遅れたり、離れたりする場合があるので、そのチャンスを狙えば、高確率でスリーポイントが決められます。

【 スリーポイントが決まりやすいエリア 】
誤差や偶然の可能性も考えられるのですが、どうもトップ・オブ・ザ・キー(正面)、ウィング(45度)、コーナー(90度)からのスリーポイントシュートは、中途半端な角度よりも入りやすいように思います。NBA2K10の時もそんな印象があったので、NBA2K12でもそうかも知れません。

【 アシストをかせぐ技 】
まずは、チームメイトの能力を把握することが、効率的にアシストを稼ぐ第一歩です。オープンになってもドリブルをする選手には、パスを出してもアシストは付きづらいです。シュートは撃つけど確率が悪い選手も、アシストは付きづらいです。最初の何試合かは、各選手の特徴を色々と試してみるといいです。
NBA2K12では、ペイントエリアを横切ると、低リスクでオープンの選手を作れます。ジャンプシュートが得意な選手がオープンになるまで、何度か横切ってみましょう。ローポストに味方がいる場合は、その近くで止まることで敵2人を自分に引きつけ、味方のダンクシュートを引き出すことができます。ショットクロックが鳴り始めたらチャンスで、残り2秒くらいでパスを出せば、いつもはドリブルをする選手にもシュートを撃たせることができます。

【 ブロックショットを成功させる技 】
NBA2K11では、多少の身長差があってもタイミング次第でブロックできたのですが、NBA2K12では、アグレッシブブロック(R2+△)でないと、なかなかブロックできません。ファールに余裕があるようなら、積極的に狙った方がいいです。

【 オフェンスリバウンドを成功させる技 】
NBA2K12では、オフェンスリバウンドに参加しようとしても、すぐに敵に押し出されてしまいます。しかし、エンドラインを出て、ゴールの裏からゴール下に入ることは、簡単にできます。ある程度身長が高い選手だったら、ショットクロックを合図にポジション取りを始めるといいです。

【 スティールを成功させる技 】
スティールは、失敗すると失点に繋がりやすいので、むやみに狙えないのですが、スローインの場面は非常にチャンスです。相手ガードは、最初の位置でボールをもらえない場合はコーナー方向へ移動してもらおうとするので、プレーヤーもコーナー方向へ飛び込むようにパスカットを狙うと、多い時で5本以上のスティールを成功させることが可能です。注意点として、相手のロングパスを成功させないために、オールコートは単独で行うのが無難です。
他には、相手がディフェンスリバウンドを取った場面もチャンスです。まずは、リバウンドを取った選手からスティールを狙い、次に、相手ポイントガードとの間に入ってアウトレットパスのカットを狙います。これらは、1試合10スティールのマイルストーンを達成するのに必須のテクニックです。
また、これは相手選手の能力を把握していないと難しいのですが、ボールキープ力の低い選手がボールを運んでいる場合は、横や背後からでも積極的にスティールを狙ってみるといいです。どのポイントガードも基本的にボールキープ力は高いのですが、名前も知らないようなベンチプレーヤーやオドムのような本職ではない選手もボールを運ぶことがあるので、ファール数に余裕があるようならチャレンジするだけの価値はあります。

【 裏技情報募集中 】
裏技を発見された方は、是非コメントでお知らせください。裏技ではなくても、非常に有効な技なら構いません。

個人的にありそうだと感じている裏技は、「トレーニングで特定のゴールド特典を獲得する方法」と「ベンチスタートになったチームメイトをトレードさせない方法」です。アシスト中心のプレーをしていた時は主力に出て行かれなかったので、もしかしたらこれがトレードを回避する方法なのかとも思いましたが、なにぶんサンプルが少なすぎるため、まだまだ断定できません。優勝が狙えるチームだったからということも、十分考えられます。
2011.10.31 Monday * NBA2K12攻略 * comments(26)

NBA 2K12 将来性の高い選手

アソシエーションで数年を経過させた時の選手の能力を、7年目の能力が高い順に一覧にしました。アソシエーション以外のモードでも、参考になると思います。数値は、プレー毎に若干差が出ます。

潜在能力を示すポテンシャルの数値ですが、NBA2K11までは限界だったのに対し、NBA2K12ではおおよその目安でしかありません。若い選手は、この数値を超えます。

 POS … ポジション
 Team … 開始時の所属チーム
 歳 … 開始時の年齢
 ポ … ポテンシャル(潜在能力)
 1 … 1年目(開始時)の能力
 2 … 2年目能力の例
 -- … 調査時に引退
 赤字 … その年の最も能力の高い選手

POS Team 名前       歳 ポ 1 2 3 4 5 6 7
PG WAS John Wall     21 97 82 85 89 91 93 95 94
PG CHI Derrick Rose   23 94 92 93 93 94 93 93 93
PG NO  Chris Paul    26 97 93 93 93 93 93 93 93
PG OKC Russell Westbrook 22 91 88 89 91 92 93 92 92
PG MIL Brandon Jennings 22 89 78 82 85 88 91 93 92
PG NJ  Deron Williams  27 95 90 89 89 89 89 89 89
PG GS  Stephen Curry   23 90 80 85 88 88 88 89 89
PG MIN Ricky Rubio    21 88 67 71 75 78 82 86 89
PG DEN Ty Lawson     23 86 77 81 85 88 87 87 87
PG BOS Rajon Rondo    25 92 85 88 88 88 88 86 83
PG BOS Avery Bradley   20 80 61 66 71 75 78 81 83
PG HOU Jonny Flynn    22 81 70 74 78 81 81 81 81
PG PHI Jure Holiday   21 79 79 80 80 81 80 80 80
PG MEM Michael Conley  24 80 77 79 80 81 80 80 80
PG IND Darren Collison  24 81 75 78 81 82 84 83 80
PG CHA D.J. Augustin   23 78 72 76 78 79 79 80 80
PG TOR Jerryd Bayless  23 78 65 70 73 77 80 80 80
PG LAC Eric Bledsoe   21 80 65 68 72 75 78 81 80
PG SA  Tony Parker    29 93 80 81 79 77 75 71 68
PG PHO Steve Nash    37 98 84 80 -- -- -- -- --

POS Team 名前       歳 ポ 1 2 3 4 5 6 7
SG SAC Tyreke Evans   22 90 80 84 88 90 93 92 93
SG MIA Dwyane Wade    29 99 96 96 96 96 94 92 90
SG MEM O.J. Mayo     23 91 77 81 84 88 87 87 88
SG OKC James Harden   22 84 74 79 82 85 88 87 87
SG LAC Eric Gordon    22 83 82 83 84 84 84 84 84
SG TOR DeMar DeRozan   22 84 69 73 77 80 83 83 83
SG PHI Evan Turner    23 91 71 75 79 82 82 82 82
SG NY  Landry Fields   23 78 71 75 78 80 82 83 82
SG MEM Xavier Henry   20 80 64 67 70 73 75 79 82
SG PHI Andre Iguodala  27 89 85 85 85 85 85 83 81
SG GS  Monta Ellis    26 88 83 85 85 85 85 84 81
SG ATL Joe Johnson    30 93 84 84 84 82 81 78 75
SG SAC Marcus Thornton  24 79 74 76 78 80 80 77 75
SG HOU Kevin Martin   28 87 79 80 78 75 72 69 66
SG LAL Kobe Bryant    33 99 94 93 91 89 86 82 --
SG SA  Manu Ginobili   34 90 85 83 80 77 -- -- --
SG BOS Ray Allen     36 95 80 77 73 -- -- -- --

POS Team 名前       歳 ポ 1 2 3 4 5 6 7
SF MIA LeBron James   26 99 98 98 98 98 98 98 98
SF OKC Kevin Durant   23 97 92 94 95 96 96 96 96
SF NY  Carmelo Anthony  27 95 91 91 91 91 91 91 90
SF MIN Michael Beasley  22 84 78 81 84 86 88 88 88
SF IND Paul George    21 85 74 77 81 85 88 87 88
SF MEM Rudy Gay     25 89 86 88 88 88 88 88 87
SF LAC Al-Farouq Aminu  21 78 69 73 77 78 81 83 85
SF DEN Wilson Chandler  24 84 80 82 84 84 84 84 83
SF DEN Danilo Gallinari 23 84 67 71 74 78 82 82 82
SF UTA Gordon Hayward  21 78 63 66 70 73 78 81 81
SF POR Nicolas Batum   22 78 74 76 79 80 80 80 80
SF IND Danny Granger   28 94 81 81 81 81 80 78 75
SF POR Gerald Wallace  29 85 83 82 81 78 75 72 69
SF DAL Caron Butler   31 92 81 80 78 75 72 69 65
SF BOS Paul Pierce    34 95 82 80 78 74 71 -- --
SF PHO Grant Hill    39 90 80 -- -- -- -- -- --

POS Team 名前       歳 ポ 1 2 3 4 5 6 7
PF LAC Blake Griffin   22 93 85 89 91 92 92 92 92
PF UTA Derrick Favors  20 92 70 73 78 81 84 89 92
PF MIN Anthony Randolph 22 85 69 72 76 81 85 88 88
PF HOU Patrick Patterson 22 82 72 76 80 84 87 87 87
PF SA  DeJuan Blair   22 78 68 72 77 80 83 85 85
PF MIN Kevin Love    23 82 81 83 83 83 84 83 84
PF NY  Amare Stoudemire 28 95 88 88 88 88 87 85 83
PF POR Lamarcus Aldridge 26 88 83 83 83 83 83 83 83
PF SAC J.J. Hickson   23 78 74 76 79 81 82 82 82
PF TOR Ed Davis     22 80 66 70 74 78 82 81 82
PF ATL Josh Smith    25 85 84 85 85 85 86 84 81
PF MIA Chris Bosh    27 94 80 81 82 82 82 81 79
PF CHA Tyrus Thomas   25 85 73 77 80 81 81 81 79
PF BOS Jeff Green    25 79 74 77 79 79 79 80 78
PF UTA Paul Millsap   26 80 80 81 81 81 80 77 74
PF GS  David Lee     28 86 79 80 79 76 73 70 68
PF LAL Pau Gasol     31 94 86 86 85 83 81 78 --
PF DAL Dirk Nowitzki   33 97 85 84 82 78 76 -- --
PF MEM Zach Randolph   30 88 83 81 79 76 73 -- --
PF BOS Kevin Garnett   35 99 83 80 76 72 68 -- --
PF SA  Tim Duncan    35 99 84 81 78 -- -- -- --

POS Team 名前       歳 ポ 1 2 3 4 5 6 7
C  ORL Dwight Howard   25 96 93 93 93 93 93 93 94
C  SAC DeMarcus Cousins 21 93 71 76 80 85 88 91 94
C  LAL Andrew Bynum   24 87 79 83 86 86 86 87 87
C  NJ  Brook Lopez    23 90 76 80 84 84 84 84 84
C  DET Greg Monroe    21 82 65 69 73 76 80 83 82
C  UTA Al Jefferson   26 94 81 82 82 82 82 82 81
C  POR Greg Oden     23 80 70 74 79 82 85 84 81
C  ATL Al Horford    25 86 80 84 83 84 84 82 79
C  WAS JaVale McGee   23 79 70 75 79 82 83 82 79
C  IND Roy Hibbert    24 81 72 77 80 84 83 81 77
C  CHI Joakim Noah    26 85 82 85 86 83 80 77 74
2011.10.29 Saturday * NBA2K12攻略 * comments(0)
このページの先頭へ