NBA2K10 MY PLAYER のポイント

≪ スキルポイント獲得のコツ ≫
試合では、プレー内容、評価、目標達成数、スーパープレーの数、勝敗でスキルポイントが決まります。
この中で最も比重の大きいのが評価です。A+の評価で900ものポイントが得られるのですが、DやFの評価になると、大きく減点されます。
プレー内容によってもスキルポイントは変わります。ゲームに慣れた人が試合時間を48分にしてプレーすれば、プレー内容だけで1000を超えるポイントも獲得可能ですが、慣れない内は高評価が得られるプレーを続けることの方が重要です。
説明書には書いてないので分かりにくいのですが、試合前のスターターなどが表示される画面で、3つの目標も表示されています。全部英語ですが、マッチアップする相手のフィールドゴールを何%以下にしろだとか、アシストやスティールをいくつしろだとか書かれています。
ダンクやレイアップなどを決めると、画面左上にギザギザのマークが表示されることがあります。これはハイライトフィルムに該当するプレーを意味します。速攻からの得点やアシストなどで得やすいのですが、スキルポイントは1つにつき10点しかないので、無理に狙う必要はありません。
試合以外でも、ドリルでスキルポイントが得られます。短時間でスキルポイントが獲得できるのですが、その回数には制限があります。個人的な印象では、速い選手ならスティール、大きい選手ならリバウンドが簡単だと思います。色々なドリルをプレーするより、ゴールドの評価が得られるものだけに集中した方がお得です。

≪ 試合での評価 ≫
加点大
 ・スティール
 ・ブロック
 ・ハイライトになるようなダンクやレイアップを決める
加点中
 ・良いシュート(オープンショット)を決める
 ・リバウンドを取る
 ・良いシュートチェックをする
 ・ダンクやレイアップにつながるアシストを決める
 ・シューティングファールをもらう
加点小
 ・アシストを決める
 ・ボックスアウトをする
 ・オープンショットを放つ
 ・フリーの選手にパスを回す
 ・フリースローを2本とも決める
 ・ブザービーターを決める
加点なし
 ・難しいシュートを決める
 ・簡単なシュートを外す
 ・ボール運び
減点小
 ・悪いポジションからパスを要求する
減点中
 ・ディフェンスファール
 ・マッチアップする選手に得点を決められる
 ・マッチアップする選手にオフェンスリバウンドを取られる
 ・ボールの持ちすぎ(長く持っているとどんどん下がる)
 ・難しいシュートを放ち、失敗する
 ・しつこくパスを要求する
減点大
 ・ターンオーバー
 ・オフェンスファール

≪ プレー別評価の上げやすさ ≫
1位.ペネトレイト
   良いシュートセレクションになりやすい。小さい選手はブロック注意
2位.ポスト・ディフェンス
   良いシュートチェックがしやすい。リバウンドも取りやすい
3位.ポスト・オフェンス
   ポストムーブよりはゴールに正対してペネトレイトの方が確実
4位.リバウンド
   ボックスアウトとセットで着実に上げられる
5位.ゴール下でパスをもらってシュート
   ゾーンディフェンスだとオープンになりやすい。3秒に注意
6位.カットインする選手へのアシストパス
   シュートが成功する確率は高いがターンオーバーのリスクを伴う
7位.アウトサイドでオープンになった選手へのアシストパス
   シュート成功の確率は高くなく、Good Passの加点も小さい
8位.ポストアップする選手へのパス
   ドリブルされるとアシストの対象にならなくなるので非効率
9位.オン・ボール・ディフェンス
   シュートチェックが難しい
10位.ジャンプ・シュート
   ワイドオープンでなければ決めても評価が上がらない
11位.スティール
   スローインの時以外はリスクが大きすぎる

≪ 試合で高評価を得るためのコツ ≫
・得点はペネトレイトを中心とする
・評価が十分上がるまでリスクの大きなプレーはしない
・マッチアップしている選手だけを守る
・ブロックに自信がある場合は相手選手にあえてボールを持たせる
・スティールはリスクが大きいので狙わない。こぼれたボールを拾うのみ
・ボックスアウトはシュートを決められても加点されるので積極的に行う
・パッチを当てて、試合時間を長くする

≪ ハイライトになるプレー ≫
・ダンクシュートを決める
・ファールをもらってシュートも決める(ワンスローの成否は関係ない)
・ターンオーバーからの速攻に絡む
 (スティール、ブロック、シュートのどれか1つ以上)

≪ NBAへの近道 ≫
Summer Circuit では試合の評価さえ良ければトレーニングキャンプにすすめますが、Training Camp ではスタッツに残るような結果を残さなければチームに残れません。評価や能力は、それほど重要ではないようです。当然ライバルとなる選手が弱い方がチームに残りやすいですし、その後もプレーイングタイムが得やすいので、チーム選びは重要です。また、トレーニングキャンプの試合では、試合をやり直す度にチーム分けが変わるので、苦手な選手を相手チームに入れさせないようにすることも可能です。
おすすめのチームについては「MY PLAYER おすすめチーム」をご覧ください。

≪ その他 ≫
  • 自分がコートに出ていない時に△ボタンを押すと、得点経過をスコアボードで表示させることができます。ここでさらに○ボタンを押すと、自分の出場する場面まで時間をスキップできます。
  • オフェンスでボールを持っていない時に△ボタンを押すとアリウープパス、×ボタンを押すとパスを要求できます。□ボタンを押すと、シュートを指示できます。
  • ボールを保持している選手の下に表示されているメーター(携帯の電波状況に似た表示)は、その位置からのシュート成功率を示しています。同じ距離でも左右で微妙に違うので、一度は確認しておくと良いです。
  • 選手の能力が表示される画面でL3を押すと、アルファベットの大まかな情報から数字の詳細に切り替えることができます。
  • パッチを当てると、試合時間が変更できるようになります。その他の変更点は「MY PLAYER パッチの内容」をご覧ください。
2009.09.02 Wednesday * NBA2K10攻略 * -

NBA2K10 ASSOCIATION の概要

≪ ASSOCIATIONモードとは ≫
ASSOCIATIONモードは、選手・スタッフとの契約、選手のスカウティング、トレーニング、選手の起用法の決定など、チームの運営から試合の指揮までを総合的に操作するモードです。もちろん、試合をプレーすることもできます。

以下に、ゲームの流れと主要なコマンドをご紹介します。

≪ 1.モードの設定 ≫
説明書をご覧ください。

≪ 2.ドラフト候補生の作成 ≫
Auto-Generate Rookies … ドラフト候補生を自動的に作成
Create Edit Draft Class … エディット
Load Draft Class … セーブしてあるデータをロード
Download Draft Class from 2K Share … ダウンロード

≪ 3.シーズン ≫
NBA.COM … チームの順位や個人の成績などが見られる
└HOME PAGE … 日程を進めたり、チーム順位やCHEMISTRYを確認できる
       (R3を押すと自チームの今日にカーソルを戻せる)

CALENDAR … 予定を確認したり、日程を進めたりできる

GENERAL MANAGER … トレードやスカウトなどの経営関連コマンド
├MANAGE ROSTER … 選手の人事関連のコマンド
│├ROSTERS … 選手の能力などが見られる(R3を押すと詳細)
││├View Player Card … 選手のMORALEやAMBITIONなどが確認できる
││└Edit Player … 能力やポジションなどを変更
││         (STARTで決定、×でチャンセル)
│├PLAYER ROLES … 選手のROLE(役割)を変更
│├FREE AGENTS … FA選手との契約
│└TRADES … トレード
│ ├TRADE … 具体的な交換条件を提案、即決するトレード
│ └TRADING BLOCK … 欲しいタイプを広く募集し、提案を待つトレード
│  ├No more guidelines … これ以上何も指定しない
│  ├Add a player type guideline … 欲しい選手のタイプを指定
│  └Add a pick guideline … ドラフト指名順位を指定
├STAFF … スタッフとの契約(スタッフのサラリーにも枠はある)
│├HEAD COACH … ヘッドコーチ(POTENTIALが高いと徐々に能力が上昇)
│├ASSISTANT COACH … アシスタントコーチ
│├NBA SCOUT … NBA選手の能力の詳細を調査
│├PROSPECT SCOUTS … ドラフト候補生の能力を調査
│└TRAINER … トレーナー(怪我の発生や治り易さに関係?)
├SCOUTING … スタウト関連のコマンド
│├PLAYER SCOUTING … NBA選手の詳細を調査
│├PROSPECT LIST … ドラフト候補生のリスト、スカウティングの実行
││         (1人を2回調査するとポテンシャルが判明)
│└SCOUT STATUS … スカウト状況、調査終了予定
└MESSAGING … メッセージ(怪我人の完治予定日の報告)

COACHING … 育成などのコーチ関連のコマンド
├GAMEPLAN … 選手の起用法などの設定
│├ROTATION … スターターや出場時間の変更
│└SITUATIONALS … 状況別に出場させる選手を選択
├WEEKLY PRACTICE … そのシーズン中のみに効果がある練習
├DEVELOPMENT … 目標をクリアすると能力が向上するドリル
│       (月に計7時間、毎月1人1回)
├REWARD POINTS … トレーニングキャンプで使用するポイントの獲得条件
└PLAYER SCOUTING … NBA選手の詳細を調査

≪ 4.プレーオフ ≫
TRADESやWEEKLY PRACTICEはできませんが、基本的にシーズン中と同じです。

≪ 5.オフシーズン ≫
契約関連とTRAINING CAMPSの内容のみご紹介します。他は説明書に書いてあります。

契約用語
├SALARY CAP … 支配下選手の合計年俸の枠、例外あり
├TEAM OPTION … チームに契約延長の決定権があるオプション
├PLAYER OPTION … 選手に契約延長の決定権があるオプション
├MID-LEVEL EXCEPTION … SALARY CAPを超えたチームが例外的に
│            補強に使える金額(5M強)
├BIRD RIGHTS … ルーキー契約以外で3年同一チームでプレーした選手が
│        SALARY CAPの制限を受けずに再契約できる権利
├UFA … 完全FA
└RFA … 制限付きFA(他チームと同じ条件で元のチームが優先的に契約)

契約交渉画面
├INTEREST … 契約条件に対する関心(高いほど契約が締結しやすい)
├SALARY … 年俸の合計
├TYPE … 複数年契約の場合の翌年以降の年俸の増減
├YEARS … 契約年数
├OPTION … チームオプションとプレーヤーオプション
└NO TRADE … 契約期間中はトレードで放出しない条項

契約の種類による交渉の違い
├ルーキー契約 … 指名順位で金額やオプションが固定、ROLEは変更可能
├再契約 … 契約終了選手と1日に1回交渉が可能
└FA交渉 … 各チームの条件が出揃った後で選手がチームを決定

TRAINING CAMPS
├Big Man Offense … 30 point 消費
│OFFENSE LOW POST, SHOT CLOSE, STANDING DUNK が各4上昇
├Perimeter Shooting … 30 point 消費
│SHOT MEDIUM, SHOT 3PT, SHOOT OFF DRIBBLE が各4上昇
├Offensive Fundamentals … 25 point 消費
│LAYUP, DUNK が各5上昇
├Rebounding … 30 point 消費
│OFFENSE REBOUND, DEFENSE REBOUND が各5上昇
├Conditioning … 30 point 消費
│STAMINA, DURABILITY, HUSTLE が各5上昇
├Athleticism … 25 point 消費
│VERTICAL, SPEED が各5上昇
├Big Man Defense … 30 point 消費
│OFFENSE AWARENESS, BLOCK, DEFENSE LOW POST が各4上昇
├Perimeter Defense … 30 point 消費
│STEAL, ON BALL DEFENSE が各6上昇
├Combo Guard … 30 point 消費
│BALL HANDLE, PASS, SHOOT IN TRAFFIC が各4上昇
├Basketball 101 … 40 point 消費
│OFFENSE AWARENESS, DEFENSE AWARENESS, HANDS が各4上昇
├Untapped Potential … 75 point 消費
│POTENTIAL が10上昇
├Free Throw … 25 point 消費
│チーム全員のFREE THROW が1上昇
└Weight … 45 point 消費
 体重が 5%上昇, STRENGTH が7上昇
2009.09.02 Wednesday * NBA2K10攻略 * -
このページの先頭へ