<< 2012-2013シーズン ウェスタン1位確率 | main | NBA2013 優勝確率 >>

2012-2013シーズン イースタン1位確率

2012-2013シーズンのイースタンカンファレンスで、1位になる確率を算出しました。参考にしたデータは、もっとも客観的かつ信頼できる英国最大手のブックメーカーWilliam Hillのオッズです。

  チーム    倍率  1位確率(%)
  Heat      1.83   47.1
  Bulls     7.00   12.3
  Celtics    11.00   7.8
  Nets     13.00   6.6
  Knicks    13.00   6.6
  Pacers    19.00   4.5
  76ers     19.00   4.5
  Magic     29.00   3.0
  Hawks     34.00   2.5
  Bucks     67.00   1.3
  Cavaliers  101.00   0.9
  Pistons   101.00   0.9
  Wizards   101.00   0.9
  Raptors   126.00   0.7
  Bobcats   201.00   0.4
  ※ 倍率はWilliam Hillのオッズ
  ※ 優勝確率はオッズを元に算出した数値
  ※ 上記の数値は2012年9月29日時点のもの

チャンピオンチームのヒートが、レギュラーシーズンでも圧倒的な評価です。新戦力はレイ・アレンくらいですが、昨シーズンの主力がまるまる残っているので、この評価も妥当に感じます。アレンの試合に対する準備や姿勢がレブロンらに好影響を与えれば、昨シーズン以上に強くなる可能性も考えられます。

想像以上に高評価なのがネッツです。戦力には大きな変化がないことを考えると、本拠地がニュージャージーからブルックリンに変わったことで、何かが劇的に変わると考えているのでしょうか。それとも、ビッグトレードの可能性を考慮したのでしょうか。私には理解できません。

マジックも、意外と高評価です。ネルソンとグレン・デービスがいれば、それなりに戦えるでしょうが、ホークス以上の戦力とはとても思えません。

このWilliam Hillはギャンブルなので、日本在住の方は参加できないはずです。もっとも、配当率も低いので、海外在住でも参加しない方が無難です。
2012.09.29 Saturday * NBAデータ * comments(0)

コメント







NBA2Kの操作方法などに関する質問はご遠慮願います。

このページの先頭へ