<< NBA 2K12 将来性の高い選手 | main | NBA2K12 ニューレジェンドの概要 >>

NBA2K12 マイプレイヤーの裏技

【 好きなチームに移籍する裏技 】
5試合終わった段階でトレード要求すれば、ほぼ間違いなく第一希望のチームに移籍できます。詳細は分かりませんが、能力や試合数が増えるほど、希望チームに移籍しづらくなるようです。

【 トレーニングでスリーポイントを上げる裏技 】
トレーニングのシュートでスリーポイントだけを撃ってゴールドを取ると、高確率で3PTシュートが上がります。難しいですが、3PTシュートが90近くあれば、ノックアウトよりもシュートのトレーニングを選んだ方がいいです。

【 トレーニングでスピードを上げる裏技 】
ドリブルコースのトレーニングでスピードを上げる裏技があります。方法はまだ不明確ですが、私は6回のシュートを全てリバースダンク(右スティックをゴールと逆方向に倒す)にすることで、高確率でスピードが上がっています。ダンクにも色々あり、またリバースダンクにも色々ありますが、どうも豪快なダンクであるほど、スピードが上がる確率が高いように思います。スピードが上がらなかった場合でも、豪快なダンクが多いほど、敏捷性などのスキルポイントが多めの能力が上がることが多いです。

【 スキルポイントを効率的に得る手段 】
試合中に得点やリバウンドなどを残すと、そのプレーの1つ1つにスキルポイントがつきます。試合後のパフォーマンスがその総合計です。では、どのプレーがスキルポイントの観点から見てお得かというと、それはスリーポイントです。スリーを1本決めるだけで、ポジションによっては45ポイント以上も得られます。3PTシュートの能力を90以上に上げて、以下に紹介する技を利用すれば、成功率50%以上も可能ですので、シュート失敗時の減点を加味しても、非常に魅力的です。

【 簡単にシュートを決める技 】
ミドルレンジシュートを上げれば、簡単に得点が決められます。特に簡単で成功率が高いのが、ポストアップしている味方を利用してオープンになる方法です。ショルダーからベースラインに向かってドリブルして、ポストアップしている味方にマークマンをひっかけて、コーナー方向に2歩くらい進めば、簡単にワイドオープンになります。スクリーンを使うよりも効果的です。

【 チームメイトの評価を意識したシュート 】
NBA2K12ではジャンプシュートが非常に有効ですが、チームメイトの評価は思ったほど上がりません。ポストアップからのシュートの方が良く上がります。そこで、一旦ポストアップ(△ボタン)してからフェイスアップ(△ボタン)して、すぐにジャンプシュートを撃てば、同じジャンプシュートでもポストプレイと同じだけ評価が上がります。

【 ペイントエリアでのシュート 】
NBA2K12では、ペイントエリアでのシュートは非常にブロックされやすいです。しかし、ポンプフェイクを1度か2度入れるだけで、ブロックされる確率はぐんと下がります。シュートレンジが狭くて身長も低い選手でも、ペイントエリアでボールをもらって、フェイクを入れてからシュートすれば、着実に得点を重ねることができます。

【 スリーポイントを決める技 】
高確率でスリーを決めるなら、チームメイトのキックアウトやオフェンスリバウンドを待つといいのですが、1試合で20本以上のスリーを決めたい場合は、もっと能動的にチャンスを作れる方法が必要です。
おすすめなのが、スリーポイントラインの少し内側までドリブルし、真後ろに1歩下がってスリーを撃つ方法です。ある程度のスペースが出来ているので確率も高めですし、ターンオーバーの危険性も低いです。
次が、ウィングからウィングのようにある程度の距離をドリブルして、オープンになるのを待つ方法です。スクリーンをかけなくても、マークマンが遅れたり、離れたりする場合があるので、そのチャンスを狙えば、高確率でスリーポイントが決められます。

【 スリーポイントが決まりやすいエリア 】
誤差や偶然の可能性も考えられるのですが、どうもトップ・オブ・ザ・キー(正面)、ウィング(45度)、コーナー(90度)からのスリーポイントシュートは、中途半端な角度よりも入りやすいように思います。NBA2K10の時もそんな印象があったので、NBA2K12でもそうかも知れません。

【 アシストをかせぐ技 】
まずは、チームメイトの能力を把握することが、効率的にアシストを稼ぐ第一歩です。オープンになってもドリブルをする選手には、パスを出してもアシストは付きづらいです。シュートは撃つけど確率が悪い選手も、アシストは付きづらいです。最初の何試合かは、各選手の特徴を色々と試してみるといいです。
NBA2K12では、ペイントエリアを横切ると、低リスクでオープンの選手を作れます。ジャンプシュートが得意な選手がオープンになるまで、何度か横切ってみましょう。ローポストに味方がいる場合は、その近くで止まることで敵2人を自分に引きつけ、味方のダンクシュートを引き出すことができます。ショットクロックが鳴り始めたらチャンスで、残り2秒くらいでパスを出せば、いつもはドリブルをする選手にもシュートを撃たせることができます。

【 ブロックショットを成功させる技 】
NBA2K11では、多少の身長差があってもタイミング次第でブロックできたのですが、NBA2K12では、アグレッシブブロック(R2+△)でないと、なかなかブロックできません。ファールに余裕があるようなら、積極的に狙った方がいいです。

【 オフェンスリバウンドを成功させる技 】
NBA2K12では、オフェンスリバウンドに参加しようとしても、すぐに敵に押し出されてしまいます。しかし、エンドラインを出て、ゴールの裏からゴール下に入ることは、簡単にできます。ある程度身長が高い選手だったら、ショットクロックを合図にポジション取りを始めるといいです。

【 スティールを成功させる技 】
スティールは、失敗すると失点に繋がりやすいので、むやみに狙えないのですが、スローインの場面は非常にチャンスです。相手ガードは、最初の位置でボールをもらえない場合はコーナー方向へ移動してもらおうとするので、プレーヤーもコーナー方向へ飛び込むようにパスカットを狙うと、多い時で5本以上のスティールを成功させることが可能です。注意点として、相手のロングパスを成功させないために、オールコートは単独で行うのが無難です。
他には、相手がディフェンスリバウンドを取った場面もチャンスです。まずは、リバウンドを取った選手からスティールを狙い、次に、相手ポイントガードとの間に入ってアウトレットパスのカットを狙います。これらは、1試合10スティールのマイルストーンを達成するのに必須のテクニックです。
また、これは相手選手の能力を把握していないと難しいのですが、ボールキープ力の低い選手がボールを運んでいる場合は、横や背後からでも積極的にスティールを狙ってみるといいです。どのポイントガードも基本的にボールキープ力は高いのですが、名前も知らないようなベンチプレーヤーやオドムのような本職ではない選手もボールを運ぶことがあるので、ファール数に余裕があるようならチャレンジするだけの価値はあります。

【 裏技情報募集中 】
裏技を発見された方は、是非コメントでお知らせください。裏技ではなくても、非常に有効な技なら構いません。

個人的にありそうだと感じている裏技は、「トレーニングで特定のゴールド特典を獲得する方法」と「ベンチスタートになったチームメイトをトレードさせない方法」です。アシスト中心のプレーをしていた時は主力に出て行かれなかったので、もしかしたらこれがトレードを回避する方法なのかとも思いましたが、なにぶんサンプルが少なすぎるため、まだまだ断定できません。優勝が狙えるチームだったからということも、十分考えられます。
2011.10.31 Monday * NBA2K12攻略 * comments(26)

コメント

SG点取り屋ですが、3P一本につき60SP獲得できます

ポジションやプレイスタイルでスキルポイントが変わってくるんでしょうか?
Comment by しゅ @ 2011/11/05 1:55 AM
しゅさんのご指摘通りです。

プレー別の獲得スキルポイントも現在調査中なのですが、おそらくプレイスタイルで決まると思います。得意なプレーほど、得られるポイントも多いようです。

まだ詳細がはっきり分かっていないことと、多くなる分には迷惑はかけないと思い、本文はそのままにしておいたのですが、この調査があまりにも時間がかかりそうなので、あきらめて本文を直しました。
Comment by アキ @ 2011/11/05 6:12 AM
マイプレイヤーモードでチームメイト評価をを簡単に稼ぐ方法を考えました。(既知ならすいません)
PG限定ですが、
DF時すぐにハーフコートトラップに指示する。
▲棔璽襪魃燭鵑任る敵選手に味方CPUがDFを仕掛けに行きます。
自分もすぐにマークしに行くと高確率でダブルチーム成功になりゲージがぐーーんと上がります。

毎DFごとにやりましたが8割くらい成功します!(まれに敵SGがボール運びする場合あり)
自分は設定でDFアシストMAXにしてるんですが関係あるかはわかりません。
また、ダブルチーム成功後PGがパスミスすることも多くチャンスが生まれやすいですが、突破されると一転敵を良い位置でフリーにさせやすいため、成功後敵PGからパスが別の選手に回れば、DF指示をマンツーなどに戻す方が無難かもしれません。
Comment by answer @ 2011/11/08 1:51 AM
answerさん、ありがとうございました。そういう方法もあるんですね。ちなみに、プレーヤーにスティールがつく可能性はどのくらいですか。
Comment by アキ @ 2011/11/08 9:08 PM
今、ニューレジェンドのチャック・ヘイズ(198cmのセンター)でプレーしているのですが、これだけ身長が低くても、リバウンドとブロックで1位になっていますし、スティールも3位です。得点はシミュレートで成績が下がってしまっているので1位は難しいのですが、全試合プレーしていれば1位も余裕だったと思います。

NBA2K11では、長身選手が絶対的に有利だったのですが、NBA2K12では、低身長でも十分活躍できるようです。
Comment by アキ @ 2011/11/12 6:56 PM
本日11/15にアップデートをしたんですが、どうもバグが入り込んだようで

マイプレイヤー
得点上のテロップ?に関係ない文字等が現れたり
例えば
正しくは「シューティングファウル」なのに
「チャージングファウル」と表示されたり

あと試合中(フリースロー中やタイムアウト明け)に出てくるテロップにも意味不明な文字列が表示されます

関係ない記事へのコメントですが一応報告させていただきます
Comment by しゅ @ 2011/11/15 11:35 PM
しゅさん、最新情報をありがとうございます。
お聞きしたいのですが、総合的に考えて、まだアップデートしないほうが良さそうですか。
Comment by アキ @ 2011/11/16 5:00 PM
そうですね
自分はバグを発見してから一通り見てみましたが、追加機能や改善点等は特に見られなかったので(見逃しているだけかもしれませんが)、アップデートデータを削除しました

今後何らかの対策・改善があるまでアップデートはしないつもりです
Comment by しゅ @ 2011/11/16 9:04 PM
そうですか。ようやく2K12に慣れたところなので、細かなバランスの調整程度なら、私もアップデートはやめておきます。せめて、「トレードの頻度」くらいは調整できるようにしてほしかったですね。

他の皆さんも、アップデートで何か気付いたことがございましたら、ぜひご連絡ください。他力本願ですみません。
Comment by アキ @ 2011/11/16 11:24 PM
今日改めてアップデートしたところ文字化け等の問題は発生しませんでした

ただやはり特に改善された箇所があるようには思えませんでしたね
Comment by しゅ @ 2011/11/19 5:52 PM
新たな労使協定が締結されたら、ドラフトやロースターの情報もアップデートされると思っていたので、それまで待つつもりでしたが、シーズン全休もありそうなので、私もそのうちアップデートするつもりです。
Comment by アキ @ 2011/11/19 9:53 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2011/12/12 11:57 PM
answerのは試してみましたが、PGでなくともある程度スピードと敏捷があればFやGなら十分狙えそうです
足の速さで楽さが大きく変わるので早いほど良さそうです

スティールを得るのはほぼありませんが、ダブルチーム→パスカットなどで、効果的なダブルチームと2度上がるタイミングがあり、隙があれば更に他の相手や攻めてきたゴール下等でダブルチームを狙うと3度くらい評価アップのチャンスは出来ますね

ただ、拘りすぎると失点に繋がるので引きどきの見極めや失点考慮して3Pを高く保てば意外と問題ないかもですね
Comment by sigure @ 2012/01/02 2:42 PM
sigureさん、ありがとうございました。
私は、ポジションに関わらずスローイン時にスティールを狙っているのですが、やはりこちらの方が個人タイトルやマイルストーンの関係で有効だと思います。チームメイトの評価は、ある程度プレーイングタイムがあれば、A+にするのも難しくないですからね。
Comment by アキ @ 2012/01/02 6:35 PM
スキルポイントは身長でも変化するみたいですね
身長が高いほどプレイごとの獲得ポイントが少ないようです
Comment by 777 @ 2012/01/07 3:11 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2012/01/10 9:15 PM
スキルポイントが身長で変化するって本当ですか。皆さんからの情報をお待ちしております。
Comment by アキ @ 2012/01/10 10:57 PM
記事と関係ない書き込みは、非公開にします。どうぞ、ご理解ください。
Comment by アキ @ 2012/01/10 11:00 PM
最低身長SG点取り屋3P一本でSP75です
Comment by ten @ 2012/01/13 7:14 AM
身長198SG点取り屋3P一本でSP60です
プレイスタイルはアイソレ,ポストロー,PR保持者,カッター
Comment by sd @ 2012/01/16 2:51 AM
チームメイトの評価を意識したシュートの別パターン。
試されている方は多いかもしれませんが。

ポストプレイからの得点のパターンは既に記載されていますが、この他にダブルムーブからの得点というチームメイト評価上昇項目もあります。
ポストプレイからのシュートが止められてしまうような低身長のプレイヤーの場合、こちらを狙うことも有効に思われましたので、投稿いたしました。
高難易度では無意味かもしれません。

前提条件としてそれなりのアウトサイドシュートの能力があることでしょうか。

一番簡単な方法として具体例を挙げますと、
ヘジテーションからスペースのあるミドルレンジに切れ込み、そのままジャンプシュートをするというものです。
抜けないことも多々ありますが、その時はフェイダウェイでかわします。
また、アシストでもダブルムーブからの得点の評価がでたことがありますので、PGで有効かもしれません。
ダブルムーブからすぐにシュートを打たなければ評価が上乗せされない、ということはないので、そこまで焦る必要はないと思います。

シュートの決まりやすさはいわゆるスキル(ゲームでは能力)の構成に依るかもしれません。
この方法だと、フェイダウェイ・ドリブルプルアップ?はよくでますので、スキル構成が最初から「平均」を多く持つ攻撃型のSGに向いていると感じます。
DEF型のPGで同じことをやろうとすると、フェイダウェイが入らない+低シュート評価(能力不足なだけかも)。ALL型のSFではタブルムーブが上手くでないと体感しておりましたので。

この方法で一番評価が稼げるのは、相手を抜かしてダンクを決めることで、「ダブルムーブから得点」「シュート評価A or A+」「スラムダンク」をとることだとおもうのですが、インサイドでシュートを決めるのはブロックされやすいので、上記の方法になりました。

なお、ドライブ重視SG低身長(179)の3PでSP75でした。
2K11でも低身長の方がもらえていたと思います。

長々と駄文失礼しました。
Comment by Char @ 2012/01/16 10:31 PM
いつもお世話になっております。
連投になってしまいますが、裏技orバグを発見しましたので、投稿いたします。

2k12:XBox&日本語版

マイルストーンのシーズンに、「3Pシュートをn回連続で成功させる」の項目がありますが、連続判定は、シュート練習の時の3Pでも行われるようです。

これを使えば、上記の3Pが決まりやすいエリアからフリーでうてるので、セーブを併用してすぐ取れると思います。
逆に、連続中のプレイヤーはシュート練習の際に気をつけないと、0に戻されます。もしかするとトレーニングの時に3Pをうっても同様の判定がされるかもしれません(未確認)

8本はすでに終わっていたので、15本試してみたところ、次の試合が開始されたときにマイル達成になりました。

箱版のバグかもしれませんが、参考までに。
Comment by Char @ 2012/01/25 11:01 PM
シュート練習でマイルストーンが達成できるなんて、本当に裏技ですね。
Comment by アキ @ 2012/01/26 12:18 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2012/01/31 6:15 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2012/03/22 3:24 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2012/04/05 8:55 PM






NBA2Kの操作方法などに関する質問はご遠慮願います。

このページの先頭へ