<< NBA2K11 マイプレーヤーの裏技 | main | 2011-12シーズン 現役コーチの生涯成績 >>

NBA 2K12 発売決定

NBAのロックアウトがゲームのライセンス契約にも影響するのではと心配されましたが、どうやら無事にNBA2K12は発売されるようです。輸入版の発売予定日は2011年10月4日で、説明書などが日本語化された日本語版は2011年10月20日(PSP版は同月27日)の予定です。

日本で購入可能な機種は、今のところ、PS3版、Xbox360版、PSP版の3種です。アメリカでは、Wii版、PS2版、Windows版も発売されるようです。

パッケージは、NBA2K11と同じくマイケル・ジョーダンです。いくつかの動画が既にYouTubeで公開されていますので、興味のある方はご確認ください。NBA2K12ではNCAAの試合もあるようですが、どのような形でプレーできるのか詳細は不明です。

個人的に大きく疑問に感じているのが、ゲームの価格です。アマゾンで確認したところ、アメリカではXbox360版やPS3版が59.99ドル(約4800円)で発売されるのに、日本では同じ輸入版が8400円というとんでもない価格になっています。もちろん、暫定の価格設定や単純なミスの可能性もあるでしょうが、これはあまりにも日本を馬鹿にした価格です。その後に発売される日本語版NBA2K12の定価が、PS3版で6090円、PSP版で5040円であることを考えると、少しでも早くプレーしたい熱烈なファンの足許を見ている感じがします。

輸入版と日本語版のそれぞれのメリットをまとめると、以下の通りです。

輸入版のメリット
・日本語版よりも早くプレーできる
・日本語版よりもパッチが早い

日本語版のメリット
・日本語で理解できる
・輸入版よりも価格が安い
・輸入版よりも中古ショップの買い取り価格が高い
 (あるショップでは、NBA2K11の日本語版を3200円で買い取り、輸入版は800円で買い取る)

その他、詳細情報をご存じの方は、是非コメントでお知らせください。
2011.07.25 Monday * NBA2K12攻略 * comments(5)

コメント

値段に関しては、PSP版がさらに酷いです。アメリカでは19.99ドル(約1600円)ですが、日本では8400円です。入力ミスか為替の計算ミスですよね。
Comment by アキ @ 2011/07/25 11:40 PM
ロックアウトの影響で、ルーキーの顔写真が用意できない可能性はあるでしょうね。2K10の時もそうでしたが、海外のゲームって、アップデートで何とかすればいいって考えが日本よりも強いので、そもそも問題とすら感じてないかも知れませんが。
Comment by アキ @ 2011/07/25 11:56 PM
お久しぶりです。色々と慌ただしい今回のロックアウト中はゲームで気を紛らわすしか楽しみはなさそうです。

今回は他にバードとマジックが初回限定版のみカバーを飾るそうです。個人的にはマジックかなと思っているのですが、アキさんならどれを狙いますか?
Comment by じょおじ @ 2011/07/26 12:16 AM
しっかしその値段が本当なら北米版アジア版との差がひどすぎますね。ローカライズされてないといってもいい程のぺらっぺらな内容を加えた(?)だけなのに・・・
Comment by じょおじ @ 2011/07/26 12:21 AM
本文で書いた値段は輸入版の値段ですから、ローカライズすらされていません。ただ輸入しただけです。「日本版よりも早くプレーしたい人はこれでも買うでしょ」って足元を見ているのか、ただ単純にミスなのか。どちらにしても、印象は良くないです。

それから、パッケージがいずれも引退した選手というのが気になりますね。もしかしたら、ライセンス契約の問題で、ロックアウト中はNBA選手を全く使えないのかも。Kobe BryantがCooper Brownとかになっていたら、さすがに幻滅しますよね。ロックアウトが解除されたらアップデートされるとしても。
Comment by アキ @ 2011/07/26 12:35 AM






NBA2Kの操作方法などに関する質問はご遠慮願います。

このページの先頭へ