<< NBAロックアウト、サマーリーグも中止に | main | NBA 2K12 発売決定 >>

NBA2K11 マイプレーヤーの裏技

【 最も簡単に得点を決める技 】
NBA2K11で最も確実に得点できるのが、速攻です。ポイントガードは特に効果的で、相手がシュートを撃った直後にゴールに向かって走り出せば、リバウンドを取った味方がすぐにタッチダウンパスを通してくれるため、確実にダンクやレイアップへ繋げることができます。ポイントガード以外でも可能ですが、パスがポイントガードを経由してしまう場合も多いため、失敗に終わる可能性も高いです。

【 スリーポイントを高確率で成功させる裏技 】
コーナーからのスリーポイントは、ゴールに近いこともあって、成功率が高いです。ドリブルでコーナーに移動し、左スティックを軽く傾けてスリーポイントラインぎりぎりの位置に調節してから撃つだけで、成功率は格段に上がります。急いで撃つ必要はありません。
ここで、さらに成功率を上げる裏技があります。マークマンは、こちらがわずかに動いただけでもペネトレイトを警戒して大きく移動するので、コーナー付近でスリーポイントライン沿いにわずかに左右に歩くだけで、簡単にオープンを作ることができます。能力が高ければ、5割前後の成功率で毎試合10本以上成功させることも可能です。
ただし、身長のミスマッチが大きいと、ブロックはされなくても、成功率は下がります。わずかに動いてマークを外す技は、スリーポイント以外でも有効です。
「ドリブルからのシュート」の能力が低い選手は、コーナーのスリーポイントラインぎりぎりの位置にパスがくるようにパス要求をして、そのままドリブルせずにシュートをうった方がいいです。味方がフロントコートにボールを運ぶ時も、意外とこの位置にパスを出させるチャンスです。

【 キーゲームを利用した裏技 】
獲得スキルポイントが2倍になるキーゲームでは、マイルストーンの効果も2倍になります。キーゲームまでは、得点などを意図的に控えておいて、キーゲームで一気に得点関連のマイルストーンをクリアすれば、この1試合で1万を超えるスキルポイントも獲得可能です。アシストも意図的に集中させることが容易なので、2つ目のキーゲームまではアシストも控えておくといいです。

【 怪我を回避する裏技 】
怪我で床に倒れこんだ時点で試合を途中で終了させれば、その怪我もなかったことになります。怪我の映像が終わった後では、もうその怪我はキャンセルできなくなります。怪我にはデメリットしかありませんので、怪我への耐性を上げるまでは、この方法で対処するといいです。

【 怪我でも若干早く移動する裏技 】
怪我をすると、ダッシュをしないと攻守の切り替えについていけなくなりますが、無駄なダッシュは控えたいところです。オフェンスの際に右スティックを上に倒せば、怪我の状態で歩くよりは速く移動できます。

【 トレーニングでスリーポイントを上げる裏技 】
シュートのトレーニングは、コツさえ分かっていれば、8割くらいの高確率でスリーポイントを上げることが可能です。そのコツとは、トレーニング中に放つシュートを全てスリーポイントにするだけです。ドリブルからのシュートを最大まで上げておけば、さらに確率は上がります。
ドリブルからのシュートとスリーポイントシュートを最大まで上げたら、インサイドやミドルレンジを上げる応用もあります。今度は、トレーニング中に放つシュートをスリーポイントと目標のレンジのみにするだけです。

【 シュートのトレーニングの裏技 】
コーナー付近のコート外に出たボールを拾って、ドリブルしないでそのままでいると、スリーポイントラインぎりぎりまで滑って移動します。ドリブルしない状態でシュートが撃てるので、成功率が高いです。


ここからは、裏技ではありませんが、マイルストーンを達成するのに有効な技をご紹介します。

【 楽に得点をかせぐ技 】
スリーポイントシュート、速攻、オフェンスリバウンドからのシュート、この3つが簡単で、どんな場面でも使いやすいです。スリーポイントの能力が低い場合は、ミドルレンジでもいいです。スリーポイントシュートは、入りやすい時間帯と入りにくい時間帯の差が顕著なので、今は入りにくい時間帯だと分かった場合は、しばらく別のプレーに切り替えた方が無難です。カットインも有効で、特にベースラインを走ると成功しやすいです。ファールゲームになった場合も、積極的にボールをもらうことで、楽に得点を稼ぐことができます。

【 楽にアシストをかせぐ技 】
フリースローラインの近辺をうろうろとドリブルし、ゴール下に入った味方にパスを送ると、パス能力が低くても成功しやすいです。NBA2K11では、ちょっとでも距離が離れていると、すぐにパスカットされます。また、コービーなどのずば抜けた選手のいるチームに所属している場合は、とりあえずそこにパスを回しただけでも、アシストにつながる可能性は高いです。

【 楽にオフェンスリバウンドをかせぐ技 】
ローポストにボールを入れてからゴール下に入って、ポストの選手がそこからシュートをうつと、自分のマークマンもシュートチェックに跳ぶことが多いので、オフェンスリバウンドを取りやすくなります。アシストや得点にもつながりやすいお得なワザです。

【 楽にディフェンスリバウンドをかせぐ技 】
ディフェンスリバウンドは、敵がジャンプしたらゴール下に走る、という地道な作業でしか稼げません。ちょっとしたコツですが、大きな選手は敵をボックスアウトする基本的な方法でいいのですが、小さな選手はボックスアウトしても後ろからリバウンドを取られてしまうので、ゴール下の人がいない場所でリバウンドを狙ったほうが成功率は高いです。

【 楽にブロックをかせぐ技 】
ブロックの能力を上げて、フェイクを恐れずに跳ぶことが基本です。次が、相手の特徴をよく知ることです。すぐにジャンプシュートをうつか、ドライブが多いかなど、知っていればタイミングも計りやすくなります。ローポストの敵にダブルチームをしかけた時は特にチャンスで、敵はパスを出すか単純なジャンプシュートかの二択になります。身長差も重要ですが、10cm程度の差なら、自分より大きな相手でもブロックできます。

【 楽にスティールをかせぐ技 】
下手にスティールを狙うよりも、ブロックを狙った方が有効な場合が多いですが、トップ・オブ・ザ・キーからウィングに出る敵のパスは、比較的パスカットを狙いやすいです。ただ、上手くボールをはじいても、そのボールを味方に拾われる場合も多いので、なかなかスティールは記録できません。オフェンスリバウンドに失敗した後も、とりあえずスティールを狙ってみるといいです。成功率は低いですが、それが原因で失点するリスクも小さいです。また、ディフェンス能力を上げれば、勝手にボールに反応してスティールを奪うこともあります。リスクを減らすなら、自動に任せるのが一番です。

【 全ての成績に有効な技 】
プレーイングタイムを伸ばすことと同じくらい重要なのが、無駄な時間をかけずにシュートをうつことです。これで、オフェンス回数もディフェンス回数も増えるので、スタッツも全体的に上がります。ポイントガードがパス要求に素直に応じてくれる選手なら、すぐにパスをもらって、早目にシュートまでもっていきましょう。

【 その他の技 】
オフェンスでは自分よりも小さい相手に、ディフェンスではよくシュートをうつ相手にマッチアップを替えることで、シュートやブロックなどをより多く成功させることが可能になります。一番簡単なのが攻守が切り替わる時で、本来のマッチアップよりも意図的に離れることで、自動的にマッチアップが替わります。ただ、近付くと突然元に戻る場合もあるので、ディフェンスの際は注意が必要です。他に、スローインからオフェンスが始まる時に、ポイントガードよりも遅れてフロントコートに入ることで、マッチアップが変わることがあります。


これらよりも良い方法もたくさんあるでしょうから、ご存じの方はコメントにお願いします。
2011.07.11 Monday * NBA2K11攻略 * comments(5)

コメント

3ポイントの
能力をあげるとかなり入る
Comment by トイレの神様 @ 2011/07/22 7:02 AM
シュートの能力は
全体的に上げたほうがいい
Comment by NBA @ 2011/10/01 8:05 PM
リバンドを取らずに走ると
得点が稼げる
Comment by 百獣の王 @ 2011/10/01 8:07 PM
使ってみます
Comment by NBA @ 2012/07/22 9:01 PM
シュートがよくはいるのは
すごいですね
Comment by ? @ 2012/08/11 7:38 PM






NBA2Kの操作方法などに関する質問はご遠慮願います。

このページの先頭へ