<< 2011 NBA Playoffs Awards (非公式) | main | NBAドラフト2011 1順目指名選手 >>

アンケート:ベストの労使協定は

2011-2012シーズン以降の労使協定について現在も選手側とオーナー側で話し合いが行われていますが、皆さんはどのような内容で締結されるのがリーグにとってベストだと思いますか。ちなみに、オーナー側はハードキャップの導入とキャップの引き下げを求めていますが、選手側は譲歩の姿勢を示していません。

質問:ベストの労使協定は

サラリーキャップ制度を廃止する
現状のキャップと条項を継続する
現状のソフトキャップで上限を下げる
ラグジュアリータックスを厳罰化する
例外条項のいくつかを廃止する
ハードキャップ制度を導入する
その他


-結果を見る-




< 用語 >
・サラリーキャップ … チームの選手年俸の合計に上限を設ける制度
           戦力の均衡化と経営の健全化が目的
・例外条項 … サラリーキャップを越えて契約できる例外条項
・ラグジュアリータックス … 上限を越えたチーム課せられる罰金
・ソフトキャップ … 例外を認めたサラリーキャップ
・ハードキャップ … 例外を認めないサラリーキャップ

< ハードキャップになると >
ハードキャップの方が戦力の均衡化と経営の健全化に効果的ですが、選手を育ててもキャップを理由に放出せざるを得ない場合がでてきます。
NFLのコルツを例にすると、チームの看板であるペイトン・マニングはルーキーの時からずっとコルツに所属していますが、その他の主力選手は徐々に放出しています。コルツはNFLを代表する強豪チームですが、マニングでも1回しか優勝を経験していません。

< 年俸総額の現状 >
年俸上位3チームは、レイカーズ、マーベリクス、マジックです。経営的に有利なチームは、やはり強いです。
ニックスは16位、ヒートは17位です。FA選手を獲得したチームは、例外条項が使えなかったため、キャップに近い総額になります。
サンダーは25位、ブルズは26位です。ルーキー契約が多いチームは、年俸総額も抑えられますが、将来高騰することが確実です。
2011.06.14 Tuesday * アンケート * comments(5)

コメント

キャップを下げるというのが現実的なのですが、これだと、長期契約を取れなかった選手の多くが最低保障になると思います。

大物選手のサラリーを削るなら、バード条項やアーリーバード条項を撤廃するのがいいのですが、これだと、同じ年俸なら大都市や強豪チームへ行きたいという選手も増えるでしょうから、これも問題があると思います。

結局、フランチャイズプレーヤー、ジャーニーマン、オーナー、ファン、の全てが満足する結論はないのでしょうね。

私は、ハードキャップが一番いいと思います。戦力をもっと均衡させれば、NBA全体の収入も上がるでしょうし、収入が上がれば、いずれキャップも高くできるようになると思います。
Comment by アキ @ 2011/06/16 6:13 PM
幼稚な質問ですが、もしハードキャップが導入された場合、レイカーズやマブスなど、サラリーキャップを超過しているチームはどうなるのでしょうか。
特にコービーは最終年30ミリオンの契約なので、ハードキャップ導入されたら大変な事になりそうですが…
Comment by CP3 @ 2011/06/19 12:36 AM
ハードキャップになったら、高額選手をトレードで放出するか、年俸を下げる契約を新たに結ぶか、その両方を行うか、の3つが考えられると思います。

実際、セルティックスやヒートの主力選手も、戦力を重視して個人の年俸を下げましたし、コービーも半額にしたって十分高額です。こうやってもらいすぎの選手が妥協してくれれば、経営もよくなるでしょうね。

とはいえ、オーナーの要望が100%通るとも考えられず、選手側もロックアウトをちらつかせて交渉してくるでしょうね。
Comment by アキ @ 2011/06/19 3:48 PM
来シーズンもプレーしたいけど年俸は下げたくないというよ
うな選手も出てくるでしょうね。
みんなが協力していかないと結局望み通りにはならないとい
うことなんですよね。
Comment by ロンドくん @ 2011/06/21 12:08 AM
みんなが協力しないと望み通りにならないというよりも、優勝したい人は自分を犠牲にする選択肢も必要という意味です。

いつ切られるか分からない選手にとってはお金も重要なので、個人的にはスター選手がもう少し妥協してもいいのではと思います。
Comment by アキ @ 2011/06/21 9:48 PM






NBA2Kの操作方法などに関する質問はご遠慮願います。

このページの先頭へ