アンケート:ベストの労使協定は

2011-2012シーズン以降の労使協定について現在も選手側とオーナー側で話し合いが行われていますが、皆さんはどのような内容で締結されるのがリーグにとってベストだと思いますか。ちなみに、オーナー側はハードキャップの導入とキャップの引き下げを求めていますが、選手側は譲歩の姿勢を示していません。

質問:ベストの労使協定は

サラリーキャップ制度を廃止する
現状のキャップと条項を継続する
現状のソフトキャップで上限を下げる
ラグジュアリータックスを厳罰化する
例外条項のいくつかを廃止する
ハードキャップ制度を導入する
その他


-結果を見る-




< 用語 >
・サラリーキャップ … チームの選手年俸の合計に上限を設ける制度
           戦力の均衡化と経営の健全化が目的
・例外条項 … サラリーキャップを越えて契約できる例外条項
・ラグジュアリータックス … 上限を越えたチーム課せられる罰金
・ソフトキャップ … 例外を認めたサラリーキャップ
・ハードキャップ … 例外を認めないサラリーキャップ

< ハードキャップになると >
ハードキャップの方が戦力の均衡化と経営の健全化に効果的ですが、選手を育ててもキャップを理由に放出せざるを得ない場合がでてきます。
NFLのコルツを例にすると、チームの看板であるペイトン・マニングはルーキーの時からずっとコルツに所属していますが、その他の主力選手は徐々に放出しています。コルツはNFLを代表する強豪チームですが、マニングでも1回しか優勝を経験していません。

< 年俸総額の現状 >
年俸上位3チームは、レイカーズ、マーベリクス、マジックです。経営的に有利なチームは、やはり強いです。
ニックスは16位、ヒートは17位です。FA選手を獲得したチームは、例外条項が使えなかったため、キャップに近い総額になります。
サンダーは25位、ブルズは26位です。ルーキー契約が多いチームは、年俸総額も抑えられますが、将来高騰することが確実です。
2011.06.14 Tuesday * アンケート * comments(5)

アンケート:現役で最高のPFは誰?

一昔前までは、現役最高のパワーフォワード(PF)といえばダンカンかガーネットでしたが、現在のNBAにはベテランから若手まで非常に優秀なPFがそろっていて、誰が最高かは意見が分かれそうです。皆さんが思う現役最高のPFは誰ですか。

質問:現役で最高のPFは誰?

Tim Duncan
Kevin Garnett
Dirk Nowitzki
Pau Gasol
Zach Randolph
Amare Stoudemire
Chris Bosh
Kevin Love
Blake Griffin
上記以外


-結果を見る-

2011.05.02 Monday * アンケート * comments(6)
このページの先頭へ